カテゴリ:neko( 5 )

猫で始まる新年

新年明けましておめでとうございます。皆様メルモー1家を今年もどうぞ宜しくお願いします。


新年の始まりは・・・・。義姉の愛猫ちゃん♪チンチラシルバーのペルシーちゃんに会いに行ってきました016.gif016.gif016.gif016.gif

可愛い。。。。
b0165396_16484866.jpg

b0165396_16485958.jpg

とにかく可愛い~!!!宝石のようなお目目072.gif
b0165396_16492635.jpg


ペルシーちゃん七夕生まれの女の子010.gif
b0165396_1650832.jpg


はなちゃんと同じ5か月の子猫ちゃんです。
b0165396_1651475.jpg

とてもおっとりなペルシーちゃん♪見た目もフワフワのモコモコ053.gif053.gif
b0165396_16521633.jpg


あんよもムチムチのモコモコでした012.gif

b0165396_1652553.jpg





↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
人気ブログランキングへ
by ragdollmerumomo | 2013-01-06 16:54 | neko | Trackback | Comments(6)

チョット感動したお話。


友人から新聞の投書にすっごい感動したのがあるから送るね!って届いたお話。

(福岡市・31歳・会社員)

アッ!っと思った時にはすでに遅く、飛び出した猫を思い切りはねてしまった。
恐る恐る車を下りると、アスファルトで即死状態。
罪の重さに目がくらんだ。
さらに追い打ちをかけるように、子猫が4匹も出てきて死んだ親猫を取り囲み、泣いている。
『うそだろ』という言葉が力なくこぼれた。放っておくわけにもいかず、親猫の死体と子猫を空き箱に入れて持ち帰った。
庭先に親猫を埋めて小さなお墓を作り、心から冥福を祈った。子猫の方はというと、とにかく飼ってくれる人を探し回った。すると心ある友人が3人、1匹ずつ引き取ってくれることになった。
そして家族の承諾を得て、残りの1匹と僕の生活が始まった。
あれから2年が経過し、小さかった子猫も今ではデブ猫になりつつある。
親猫の命日。お墓に線香をあげ、手を合わせて目を閉じる。命を奪ってしまった謝罪と、子供たちはみんな元気で過ごしている事を報告する。
そんな中、うちの猫はというと、縁側で心地良さそうにお昼寝していた。


b0165396_2013424.jpg

読み終わってからも、しばらくジーンとしてしまいました。
b0165396_2061764.jpg

不幸な猫ちゃんが1匹でも減ってくれるといいですね・・・。




にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

by ragdollmerumomo | 2009-07-20 20:08 | neko | Trackback | Comments(17)

子猫の容態・・・

今日はチビちゃんの面会へ行ってきました。
昨日は深夜で24時間救急の方へ行ったのですが、今日からメルモーちゃんの常連病院へ入院する事になりました。
今日の検査の結果HIVについては『弱陽性』母猫からのものであれば、免疫の切れる頃なので消える可能性も。
そして今日のチビちゃん♪♪
b0165396_2331669.jpg

昨日に比べてかなり落ち着いた様子です。
でも・・写真で判りづらいかもですが、右目の角膜に異常がある可能性が・・そして顔面を打っているので、脳に異常が出る可能性も・・・脳に水が溜まって急死という事も考えられるそうです。
b0165396_23344133.jpg

でも吉報もありました!!
当分は入院して治療を続けます『私の猫として』でも、怪我等の治療が終われば『里親』デビューできる事になりました003.gif先生方のおかげです!ありがとうございます^^
3ニャン分の負担は確かにデカイ!!けれど、命ってお金で買えるものじゃない。
我が子さえ助かれば、他の子がどうでもイイわけが無い!!
母にも『ほんと猫バカなんだよねぇ~』なんて笑われました(^^)
b0165396_2340222.jpg

とにかく彼女が幸せになるまでは何があっても守ってあげよう!改めて命の大切さを教わりました。
   『頑張れ!チビちゃん!』


ポチッとおねがいします。
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

by ragdollmerumomo | 2009-05-30 23:45 | neko | Trackback | Comments(30)

交通事故にあった子猫・・・

今日は久しぶりに家族でカラオケでも行こうか!なんて話になり・・・店に向かう途中。。道の真ん中で子猫が車にはねられていました。
生きてるのか??とにかく道のど真ん中には置いておけないし。近くまで行ったら「生きてる!!」抱き上げた途端に大泣き。どれ程怖い思いをしただろう・・どんなに痛いだろう。轢いた人間は何とも思わないのか。
即効で動物救急へ連れていきました。動物病院常連者ってこうゆう時便利ですね~!←(いいのか??)
生後2ヶ月位の茶トラの女の子。目と鼻、口の横から出血してる・・・・
すぐにレントゲン、エコー、血液検査をしてもらいました。
結果内臓、骨には異常無し。
しかし・・・『HIV』の疑いありとの事・・・・メルモーちゃんの居る我が家では飼えない。
当分は病院で入院治療ですが、その後どうしたらいいのだろう。
先生が言うには、猫の居ない家でストレスの無い生活を送れば問題無いそうです。若しくは『HIV』の猫ちゃんを飼っている方の多頭飼い。
どうしたらいいんだろう・・・助けた私がバカなのか。でも助けずにいられませんでした。
明日病院でこの先『里親』として出せるか相談です。
もしダメだったら・・・・
こういう時どうしたら良いのでしょうか。
☆長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでくださった方ありがとうございます。
もし何か良い情報がありましたら、どんな事でもお知らせください。宜しくお願いします。
b0165396_2122143.jpg
b0165396_2124496.jpg





ポチッとおねがいします。
にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

by ragdollmerumomo | 2009-05-30 02:13 | neko | Trackback | Comments(16)

チビのお話

2年前の夏の事・・・息子が生まれたばかりの子猫を拾ってきました。
前日は大雨で、夜中に『外で猫の鳴き声がしない??』って話をしたんだけど・・夜中だし、真っ暗だし。
次の朝息子はサッサと遊びに出かけ。
私と母で子猫を探しに行ったのですが見つからず帰宅。

しばらくして電話が鳴り。息子が仲良しのサンディー(犬)のおばちゃんから。
息子は朝から捜索に行っていたらしく、見つけたのは生まれたばかりの子猫2匹。
我が家には2ニャンいるし、どうして良いかわからずに、相談に行ったようです。
彼女は処分寸前の犬、猫数匹をもらって来て大事に育てている優しい人。
そして・・あまり泣かない女の子を彼女の家で、元気に泣く男の子を我が家で里親さん探しつつ育てようという事にしました。

我が家にやってきたチビ
b0165396_1452283.jpg


以前に1度育てた経験があったので大丈夫!!と思っていたのですが・・・
子猫なのに体温が低い・・・哺乳瓶も無いし、とにかく病院へGO!
特に異常無!!でも真夏だけどエアコンは我慢(体感温度が人と違う為)
ミルクも良く飲むし、目が開いてないのに呼ぶと一生懸命寄ってくるんです(^^)

母は『里親なんて探さなくていいじゃん!3ニャンになるね~』って
b0165396_14132891.jpg


でもチビの容体は次の日に急変・・・やはり一晩中、雨の中泣いていたチビの体は衰弱しきっていました。
母が撫でている手の中で苦しむ事なく眠るようにチビはお星様になりました。

一体何の為に生れてきたんだろ、神様はなんてひどいんだろ・・・とか思ったけど。
たった1日でも暖かい布団で、みんなに愛されて旅立った事。それだけでも何か意味があったのかな?
平然を装っていた息子も夜ベッドの中でこっそり泣いてました。
命の大きさ、大切さを改めて教えてくれたチビ。今は我が家の最初のネコ和希と一緒のお墓で仲良く眠っています。

今度生まれてくる時は絶対幸せな人生送るんだよ!!
by ragdollmerumomo | 2009-03-31 14:31 | neko | Trackback | Comments(6)